「 食べ物 」一覧

いろいろな種類のある唐辛子

京都に遊びに行ったときに、友人たちと一緒に親子丼を食べました。

机に七味が置いてあったのですが、その隣に黒七味というものが置いてあったのです。

試しに振ってみると、黒い七味が出てきました。

いつもの赤いものではなく、黒くて驚いたのですが、それが辛すぎず、赤いものとは違う味がして私は一気に好きになりました。

唐辛子、胡麻、参照。青のり、麻の実、陳皮、芥子の実、紫蘇が入っていて、特に山椒の香りが引き立っているようで、七味や一味ばかりだったので味に広がりを感じて友人たちのお土産は、黒七味やゆず七味などにしました。

とても好評でした。

それから私は京都に行くたびに、黒七味の詰め替え用を購入し続けています。

ネットでも今の時代買えるのですが、あえて京都に行ったときに買うのが、楽しみなのです。


節約ワザ!おかずを冷凍保存

一人暮らしで自炊しているとおかずが余ってしまうことがあります。

またそれを見越して1人分だけ調理しようとすると今度は食材が余ってしまうなんてことも……。

なので私はいつも少し多めに作って、保存容器や袋などに小分けして冷凍保存するようにしています。

そうすると「今日は少しめんどうだな」というときに冷凍庫から取り出してレンジで温めるだけですぐに食べられますし、急な来客時にも複数のおかずを出すことが出来るので重宝しています。

また節約にもなります。

というのも、スーパーなどで肉や野菜などを安売りしているタイミングで食材をまとめて購入し、いっぺんに料理して冷凍保存してしまうからです。

こうすることで通常の値段で少量の調理をするより食材費も安く済みます。

おかずの冷凍保存は手間もお金も節約になります。


ヨーグルトが余ったら、アイス

ヨーグルトが好きでよく買うのですが、余ってしまう時は、そのまま食べる以外で違う使い方をします。

例えば私のお気に入りはミキサーにヨーグルトを入れて、冷凍ブルーべりーに、好きなジャムも混ぜて、豆乳も入れて、スイッチ。

混ざったらそのまあm飲んでも美味しいヨーグルトドリンクなのですが、それをジップロックに入れて、薄くのばして、平らにして凍らせます。

平らで薄いのですぐに凍りますし。

このジップロックっていうのが大切で、タッパーに入れてしまうと、凍ると食べるときに固すぎて撮りだせないので、ジップロックで薄く平らに入れて作ってしまうのです。

そして食べるときに必要な分だけ割って器に入れます。

すぐに割れて入れらせるので楽ちんです。

朝にデザートとして出してもいいし、お風呂上りも食べると、アイスクリームよりもカロリーも低く健康的でお勧めです。


炭酸飲料の泡立ちを抑える

サイダーやコーラなどの炭酸飲料が好きな方も多いと思います。

かくいう私も大好きです。

しかし、コップに注ぐ場合、氷があると、予想以上に泡が出てしまい、泡が引くと予想よりも全然量が入っていなかったなんてことも多いと思います。

また、コップ満杯まで注ごうと思ったら、泡が引くのを待って注いで…を繰り返すなんて面倒なことも…。

今回は、その泡を抑える生活の知恵を伝授したいと思います。

その方法は実に簡単でコストも掛かりません。

ズバリ書くと、それは「氷を水で洗うこと」です。

こんな事意味あるのかって思う方も居るでしょうね。

コストも手間もほとんど掛からないのでまずはやってみてください。

一度コップに氷をいつものように入れ、そのコップにまずは水道水を入れ、そしてその水を捨てる。

そして炭酸飲料を入れるだけです。


綺麗なケーキの切り分け方

お誕生日ケーキやクリスマスケーキなど、生クリームや生チョコがたっぷりかかったホールケーキを切り分けるとき、包丁にクリームがくっついてせっかく綺麗に飾り付けたケーキがボロボロになってしまうことがあるかと思いますが、そんなときは糸を使って切り分けると綺麗に分けることができます。

タコ糸でもワイヤーでもかまいません。

両手で糸を持ち、ピンと張った状態でケーキを切り分けます。

思い切りよく一気に下まで力を入れたほうが上手くいきます。

あらかじめバランスよくケーキに印をつけておくと均等に分けることができます。

糸にクリームがついた場合はティッシュなどで拭いて、また使えます。

上にフルーツなどが乗っているいる場合は、切る前に取り分けておくとグチャっとしません。


忙しいときには、めんつゆで楽飯

簡単に食事を済ませたいときや、時間がない時に私がしているご飯が、例えば冷凍しておいたご飯をチンして、その間に鍋にお湯を沸かして、そこにめんつゆをいれて、あとはネギや冷蔵庫にあるすぐにゆであがる野菜や、かまぼこ、でもなんでも入れて、ぐつぐつ煮立ったら、たまごを混ぜて、雑炊ができます。

またうどんをゆでて、めんつゆをいれたら味が決まりますし、料理の味付けも、めんつゆを入れたらできてしまいます。

豆腐やお浸しにもめんつゆをかけるだけで、美味しくなります。

醤油の代わりに、めんつゆを使うと味に広がりがでて楽しているのに、美味しいのです。

おにぎりひとつ握る前に、ほんの数滴めんつゆをご飯に混ぜてから握るだけでふわっと出汁の香るおにぎりになります。

夏ばかり使いそうなめんつゆですが、冬でも大活躍の便利な調味料です。


節約ワザ! おかずの冷凍保存!

一人暮らしで自炊しているとおかずが余ってしまうことがあります。またそれを見越して1人分だけ調理しようとすると今度は食材が余ってしまうなんてことも……。

なので私はいつも少し多めに作って、保存容器や袋などに小分けして冷凍保存するようにしています。そうすると「今日は少しめんどうだな」というときに冷凍庫から取り出してレンジで温めるだけですぐに食べられますし、急な来客時にも複数のおかずを出すことが出来るので重宝しています。

また節約にもなります。というのも、スーパーなどで肉や野菜などを安売りしているタイミングで食材をまとめて購入し、いっぺんに料理して冷凍保存してしまうからです。こうすることで通常の値段で少量の調理をするより食材費も安く済みます。

おかずの冷凍保存は手間もお金も節約になります。


きのこがたくさんあるときは冷凍

キノコの美味しい季節、たくさんいただくことがあったり、美味しそうで買うこともたくさんあります。

シイタケをそのまま網に置いて焼いたり、炒め物にしたり、炊き込みご飯にしたりいろいろと美味しい食べ方はありますがたくさん買いすぎて、余ってしまうこともありますよね。

そんなときは、シイタケはスライスして、しめじや、えのきなどは食べやすい大きさに割いて、、そのままジップロックなどに入れて、冷凍します。

そして使いたいときに、使いたい分だけ取りだして、料理の途中に入れます。

そうするとスープや、鍋物、など汁気のあるものの場合、よりキノコの味が冷凍によってしっかりとしていて、美味しく、また冷凍したほうが栄養が上がるので、キノコは余ったら冷凍がおすすめです。


少しでも無駄なく気持ち良く。

我が家では日本茶と珈琲を毎日何杯も飲むのですが、そのお茶がらや珈琲がらの処理に困っていたと言うのか、これを何とか使えないものかと考えました。

そこで知ったのはお茶や珈琲は消臭効果があると知ったのです。

そこでネットを見ながら自分なりに工夫してしている事があります。

まず、珈琲がらは完全に乾燥をさせたら、100円均一で購入した出汁入れの袋に入れます。

珈琲を入れた袋をお気に入りの靴の中や靴箱の中に入れて起きます。

ほんのりする珈琲の香りが嫌な臭いを取ってくれます。

次にお茶がらは湿っているうちに玄関にまきます。

そのまま箒で玄関を掃除しますが、湿った茶がらが誇りやゴミを吸い取ってくれて玄関だたみはとてもきれいになります。