「 生活 」一覧

ちょっとした工夫で細く見せる

先日友人の結婚式に出た時に、楽しくてたくさん写真を撮りました。

式の後に友人の花嫁に写真を送るためにたくさん写真を撮ったのですが、私と、友人の花嫁さんと、共通の友人の女の子と一緒に写真を撮ったときに、花嫁さんが一番きれいなのは当たり前なのですが、3人で写ったときに私がとにかく太って見えたのです。

確かに私が1番体重が重いのは分かっていたのですが、それにしても写真写りの残念さにがっかりしてしまいました。

私は自分が思っていたよりも、太っているんだと実感しました。

しかし他の写真ではそこまで太っては見えなかったのです。

この3ショットだけがかなり太って見えていたのです。

これは私の立ち方が問題でした。

真正面向きに立って、ちょっとかがんでいて、足も少し仁王立ちのような感じですごく恰幅良く大きく写ってしまったのです。

対して友人は、少し斜めに立って、足は閉じて、背筋をピンと伸ばして、細く見えるように写真に写っていたのです。

私も次からは友人のように写ろうと思いました。

そして、ダイエットもガンバろうと思いました。


ハサミが切れなくなった時

ハサミを長いこと使っていると切れ味が悪くなってしまいます。

ハサミは簡単に研ぐことができないので、ついつい新しいものを買ってしまうかもしれません。

でもちょっと待って!

実は簡単に切れ味を復活させることができるんです。

今回は、切りにくくなったハサミの切れ味を復活させる方法をお知らせしたいと思います。

切れ味の悪くなったハサミの切れ味を復活させる方法はすごく簡単で、アルミホイルを2,3枚重ね、それをそのハサミで何回も何回も切るだけ。

これだけで不思議とハサミがまた切れるようになります。

どのご家庭にもアルミホイルが台所に常備してあることと思いますが、あのアルミホイルを適当に引っ張り出し、2,3回折って、それをハサミで切れば良いだけなので、大してコストもかからず、すぐに実践が可能なお手軽な方法なのでおすすめです。

また、はさみだけでなく爪切りでもこの技は使えるのでやってみてください。

 

はさみ


ハワイアンジュエリー 結婚指輪

ハワイアンジュエリー 結婚指輪を扱っているハローアロハさんについてです。

本物の14Kゴールドをハワイから届けてくれますよ。

中国で作ったものがよく見かけますがハローアロハさんは純ハワイアンジュエリーです。

2010年にお店を立ち上げ、地道な努力もあり、ハワイアンジュエリーのお客様とのコミュニケーションを大切にしながらお店を育てていくことが出来ています。

まだ未熟ながらもハワイアンジュエリーのお客様とのご縁を大切にしながら、アドバイザーとしてしっかりしています。

ハワイアンジュエリーは全て現地ハワイから直接工場で手作りされた素晴らしい商品ばかりですよ。

純粋なるハワイ生まれのハワイアンジュエリー通販のサイトとして2016年12月に再オープンしたようです。

 

ハワイアンジュエリー通販 結婚指輪 購入 ハワイアン雑貨通販 を的確なアドバイスをさせていただくお店です。ハワイ工場からハワイアンジュエリーをお届けします。

 


カブトムシやクワガタのエサ

夏にカブトムシやクワガタを飼った思い出のある方は多いと思います。

また、今現在お父さんとなり、子供が買っているなんて方もいるのではないでしょうか。

このとき皆さんはどんなエサをやっていましたか?

ドラマや漫画などでは定番になっているスイカやキュウリをあげていた方もいるはず。

しかしそれは実はNGなんです。

カブトムシやクワガタにスイカやキュウリを与えてしまうと、下痢になってしまい、寿命が極端に縮んでしまうんです。

自然の中のカブトムシやクワガタがどれくらい生きるのか、本来の寿命はなど、知っている方は少ないと思うので、スイカやキュウリを与えて寿命が短くなっていたなんてわかりませんよね。

そこで生活の知恵として、簡単にどこでも買えて安い物をと探すと、スーパーやコンビニで売っているゼリーなんかが最適なんです。

 

 

カブトムシ


口紅の色かえました

ちょっと最近、友人にでも、家族にでも、「疲れてる?」と言われたなら、元気なのに言われたなら、ちょっと唇の色を鏡で見てみましょう。

薄くなっていませんか、ベージュのような色や、紫っぽいいろになっていませんか?

歳をとるにつれて、健康的にみえるように、口紅はちょっと明るめで濃い目のものを選ぶようにしましょう。

明るいピンクや、はっきりとした赤でも、塗ってみて派手かなと思ったら、ティッシュOffしたり、違う色のリップで色をのせて、変えてもいいのですが、しっかりと色をのせていると分かるようにぬることに心がけてください。

特に、なんか元気がないなと思う時は、健康的に見える色のオレンジかかったレッドやピンクの口紅の色が良いチョイスと言えます。

口紅はしっかりと筆や、そのままリップスティックだったら直に塗ってから、唇を閉じて、パッとして、口紅を伸ばしましょう。


間違った貼った切手の剥がし方

ネットやメールが発達した昨今、封筒や手紙を送ることは少なくなったかも知れませんが、それでもやはり私たちの生活に郵便は切っても切り離せません。

そしてその際によく利用するのは切手ですよね。

この切手を、葉書や封筒に間違って貼ってしまい、取れなくて苦労した方も多いと思います。

今回は、その間違って貼ってしまった切手の綺麗な剥がし方を書きたいと思います。

その方法とは、切手の上にティッシュを被せ、その上からアイロンを掛けることです。

原理は簡単で、糊って液状ですよね。

そして、その机上の糊が固まったら、協力は貼り付け力を発揮するわけです。

で、あるならば固まってしまった糊を、もう1度とかして液状にしてやれば良いんです。

 

切手のはがし方


ヨーグルトが余ったら、アイス

ヨーグルトが好きでよく買うのですが、余ってしまう時は、そのまま食べる以外で違う使い方をします。

例えば私のお気に入りはミキサーにヨーグルトを入れて、冷凍ブルーべりーに、好きなジャムも混ぜて、豆乳も入れて、スイッチ。

混ざったらそのまあm飲んでも美味しいヨーグルトドリンクなのですが、それをジップロックに入れて、薄くのばして、平らにして凍らせます。

平らで薄いのですぐに凍りますし。

このジップロックっていうのが大切で、タッパーに入れてしまうと、凍ると食べるときに固すぎて撮りだせないので、ジップロックで薄く平らに入れて作ってしまうのです。

そして食べるときに必要な分だけ割って器に入れます。

すぐに割れて入れらせるので楽ちんです。

朝にデザートとして出してもいいし、お風呂上りも食べると、アイスクリームよりもカロリーも低く健康的でお勧めです。


炭酸飲料の泡立ちを抑える

サイダーやコーラなどの炭酸飲料が好きな方も多いと思います。

かくいう私も大好きです。

しかし、コップに注ぐ場合、氷があると、予想以上に泡が出てしまい、泡が引くと予想よりも全然量が入っていなかったなんてことも多いと思います。

また、コップ満杯まで注ごうと思ったら、泡が引くのを待って注いで…を繰り返すなんて面倒なことも…。

今回は、その泡を抑える生活の知恵を伝授したいと思います。

その方法は実に簡単でコストも掛かりません。

ズバリ書くと、それは「氷を水で洗うこと」です。

こんな事意味あるのかって思う方も居るでしょうね。

コストも手間もほとんど掛からないのでまずはやってみてください。

一度コップに氷をいつものように入れ、そのコップにまずは水道水を入れ、そしてその水を捨てる。

そして炭酸飲料を入れるだけです。


冬の台所には石油ストーブが重宝

寒い季節を迎えて暖房器具が必需品となり我が家の台所では石油ストーブを使ってます。

給油の手間が面倒だったりしますがヤカンを乗せておけば、いつでも湧きたてのお湯が使え便利です。

特に寒さが辛い朝の時間帯は助かります。

朝はストーブに火を点けて部屋を暖めヤカンにお湯を入れてストーブの上に置きます。

ヤカンの隣には肉じゃがなどお惣菜の残りを入れた鍋を置いておきます。

雨戸を開けたりしている間にヤカンのお湯が沸きだして肉じゃがも温まり朝ご飯の食卓に並びます。

夕方も大根を入れた鍋をストーブの上に乗せて置くと火が通り、後はガスの火で煮込むだけと料理の時間も短縮できます。

石油ストーブは冬の台所では、とても重宝します。


炭酸入浴でポカポカです

冷える冬だからこそ、入浴はしっかりと湯船につかって、体を温めたいものです。

ただお湯に入る人もいれば、好きな香りの入浴剤を入れる、ゆずなど、果実を入れて香りを楽しんだり、花びらをいれて、オシャレなリラックス時間にしたりする人もいます。

温浴効果が上がると言われている炭酸入浴剤は、冬の入浴には特におすすめです。

いろいろな炭酸入浴剤は市販で売っていて、どれにしようか迷うこともありますね。

でも値段が高価なこともありますし。

この寒い冬には毎日入りたいのに高いと続けられませんね。

でも自分で炭酸入浴剤は作れるので、毎日入りたい場合は自分で作りましょう。

重曹大さじ2、クエン酸大さじ1くらいの量を、混ぜて、お風呂に入れるだけです。

入れた瞬間にしゅわっと泡が出てきます。

そしてお風呂に入ると、温かさが長続きして、お湯も柔らかく感じて、気持ちいいです。

重曹もクエン酸も薬局で安く売っているので、ぜひやってみてください。

 

 

入浴