口紅の色かえました

ちょっと最近、友人にでも、家族にでも、「疲れてる?」と言われたなら、元気なのに言われたなら、ちょっと唇の色を鏡で見てみましょう。

薄くなっていませんか、ベージュのような色や、紫っぽいいろになっていませんか?

歳をとるにつれて、健康的にみえるように、口紅はちょっと明るめで濃い目のものを選ぶようにしましょう。

明るいピンクや、はっきりとした赤でも、塗ってみて派手かなと思ったら、ティッシュOffしたり、違う色のリップで色をのせて、変えてもいいのですが、しっかりと色をのせていると分かるようにぬることに心がけてください。

特に、なんか元気がないなと思う時は、健康的に見える色のオレンジかかったレッドやピンクの口紅の色が良いチョイスと言えます。

口紅はしっかりと筆や、そのままリップスティックだったら直に塗ってから、唇を閉じて、パッとして、口紅を伸ばしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする