間違った貼った切手の剥がし方

ネットやメールが発達した昨今、封筒や手紙を送ることは少なくなったかも知れませんが、それでもやはり私たちの生活に郵便は切っても切り離せません。

そしてその際によく利用するのは切手ですよね。

この切手を、葉書や封筒に間違って貼ってしまい、取れなくて苦労した方も多いと思います。

今回は、その間違って貼ってしまった切手の綺麗な剥がし方を書きたいと思います。

その方法とは、切手の上にティッシュを被せ、その上からアイロンを掛けることです。

原理は簡単で、糊って液状ですよね。

そして、その机上の糊が固まったら、協力は貼り付け力を発揮するわけです。

で、あるならば固まってしまった糊を、もう1度とかして液状にしてやれば良いんです。

切手のはがし方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする