いろいろな種類のある唐辛子

京都に遊びに行ったときに、友人たちと一緒に親子丼を食べました。

机に七味が置いてあったのですが、その隣に黒七味というものが置いてあったのです。

試しに振ってみると、黒い七味が出てきました。

いつもの赤いものではなく、黒くて驚いたのですが、それが辛すぎず、赤いものとは違う味がして私は一気に好きになりました。

唐辛子、胡麻、参照。青のり、麻の実、陳皮、芥子の実、紫蘇が入っていて、特に山椒の香りが引き立っているようで、七味や一味ばかりだったので味に広がりを感じて友人たちのお土産は、黒七味やゆず七味などにしました。

とても好評でした。

それから私は京都に行くたびに、黒七味の詰め替え用を購入し続けています。

ネットでも今の時代買えるのですが、あえて京都に行ったときに買うのが、楽しみなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする